FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KLCに子供を連れいくことについての一考察

BT1です。移植してから丸1日はまだたっていないためか

心躍るような症状は何もありません。

ただ、基礎体温は変化しました。

36.42℃以上から高温だよとルナルナ殿は言っている今周期

移植日までは36.4℃付近をウロウロしていたのですが

本日BT1 36.86℃でした。

これはきっと、デュファストンパワーですね・・・すごいなー



さて、タイトルの内容を書かせていただきます。

「不妊治療クリニックに子供を連れてくることについて」は

いろんな方のブログでもよく目にするテーマだと思います。

私は、2人目不妊治療中で、子供がすでに1人いるので

KLCでお子さん連れの方がいらしても、今までは

ああ、そうだよね~連れてくるしかない時もあるよね~

と思っていました。実際、第1子を連れて行こうかと考えた時もあります。

(実際に連れて行ったことはまだありませんが)

子連れで受診することの可否について、自分なりの答えは見つけられていませんでした。



昨日、移植までの待ち時間、9Fのキッズコーナーにいる方の声が聞こえてきました。

どうやら2組の子連れがいたらしく、お話をされていました。

その方たち中の1人のお母さんの声が高くて、待合スペースにも丸聞こえで・・・

抜粋すると

「この子歩き出すのが早くて~、はいはいなんて●●で~、健診でも●●で~」

と、発育自慢を延々と語り、

「も~、○○ちゃん、もうすぐお姉ちゃんになるかもしれないんだからね~」

などと、お子さんより大きい声であやし・・・

声をひそめる訳でもなく、周りへの配慮も感じられない話し方でした。

それはちょっとないんじゃないのか?!と、私は思ってしまいました。

その方の話から聞き取れるのは、

すでにお子さんをもうけていること、

その子が健やかな成長をみせていること、

そして、現在不妊治療が順調に進んでいること。

全てにおいて、不妊治療クリニックで人に聞こえる状況で話すことではないんじゃないのかと。

不妊治療に来ている方の心中は、みなさん様々です。

治療の成果についての気持ちの浮き沈みや、先の見えない不安や、いろいろ。

なのに、あんなでっかい声で、あんな内容を延々と・・・

ああいう目的のために集った、同じ空間を共有する人たちに、十分な配慮をしているとは

とても思えない行動だったと思います。

なので、私なりの、子連れで不妊治療に行くことへの考え方が固まりました。

子連れで受診自体は不可としない、でも行動が、周りに配慮がないのは絶対NG!



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

❄Licca❄

Author:❄Licca❄

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。