スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D18 移植しました

成熟卵が2個採卵でき、1個顕微、1個ふりかけで

受精できた今周期のタマゴたち

9:30~10:00に分割確認のTELをして

分割していれば当日移植の運びでした。

電話の結果・・・

「2個とも分割が進んでいますので、移植になります」

とのこと

や、やっと移植にこぎつけた

移植するのはふりかけと顕微のどっちにするかは

オットとも確認して、

可能性の高いほうを移植。プロの判断に任せる

作戦になりました。

そして、3連休中2回目のKLC受診。

当日の流れ

1 9Fで受付 (12:20)

2 9Fで培養士さんとのお話 (12:45)

3 8Fに移動→着替えなどの準備 (13:45)

4 移植 (14:15)

5 4Fでお会計 (15:00)




培養士さんの話では

2個の受精卵はどちらも3分割中で、移植するのは

現在のところどっちでもいい状態とのこと。

培養士さんとのカルテを盗み見ると、2つのタマゴの

スケッチに、フラグメントのぐちゃぐちゃっとした

マークがしっかり書かれておりました

うーん!どっちも3分割、しかもフラグメントありか・・・

オットと決めたことを伝え、

移植直前に2個を見比べて

状態のいい方を戻してもらうことになりました。

培養士さんが「何か質問は?」と聞いてくれたので

3分割ってどうなのか・・・と聞いてみました。

普通、1個の細胞が2個に、4個に、8個にと

倍々ゲームで増えていくのだと思っていたので

3分割っていうのは相当不均等な成長なのでは

と思っていたので。

培養士さんは

「2個がさらに分かれて4分割になる間、1個だけ早くて3分割になっている状態。

 そんなに悪いことではない。」とのこと。

うーん。でも、2個の受精卵とも3分割なら、えり好みできる状況ではない。

どっちの受精卵を戻すかは、移植の時までの

お楽しみになりました。



そして8Fで移植。

採卵の時と変わらない手順で、サクサク進んでいきます。

台に乗った後、Dr.が

「じゃあね、今日はふりかけで受精した方を戻しますね」

と言いました。

移植までの間に、ふりかけちゃんが一歩先んじて成長したのかな?

左右のモニターで、受精卵がカテーテルに吸い込まれる様子、

子宮に戻される様子などが見られ、キョロキョロしているうちに

移植は終了。

移植直後、戻した受精卵と由来の精子くんの状態を書いた紙と

受精卵の写真、戻したときの子宮エコーをもらえました。

安静ベッドでそれらを見ると

戻した受精卵は最終的には6分割のグレード3

だったようです。

おお・・・なんとも心もとない・・・

でもいいの!第2子候補がやっとお腹に

来てくれたんだから、ウエルカムウエルカムな

ハッピーモードでいなければ!



そして4Fに行き、恐怖のお会計

本日のお会計 ¥ 100,368(培養・胚移植代)

          ¥ 32,400(顕微授精代)

KLCにお支払累計 ¥ 528,745

3連休中、どこにも行かず質素に過ごしていたのに

すごい勢いでお金が飛んでいく~!

次は、顕微授精した培養中の受精卵の凍結確認が今週末、

さらに、判定日が来週末。どちらも仕事休みの日です。

それまでは仕事がんばりまーす!オー!



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

❄Licca❄

Author:❄Licca❄

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。