スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BT17 胎嚢確認日のこと(5w1dらしい)と、オットのPC検索履歴追記

今週あたま、BT17の受診に行ってきました。

当日の流れ

1 4F受付 (16:15頃)

2 5F内診 (16:35)

3 5F問診 (16:45)

4 4F お会計 (16:55)


私のKLC史上最短記録でした!

採血がないと早い~

さて、メインイベントの胎嚢確認ですが・・・

エコーでぐりぐりされた結果、6.7ミリの胎嚢確認できました。

よかった・・・ちゃんとしかるべき場所についててくれたか・・・

問診は

「今日胎嚢見えました。今日は5w1dになります。

次は2週間後くらいに見せに来てね。では。」

みたいな感じであっさり。

胎嚢小さ目のこととか、週数日数1日ずれてない?とか

いろいろ聞けばよかったのかもですが

みなさんのブログで、このタイミングで聞いても経過観察~と返されることが

多いような気がしたので、何も言わずにおいときました。

次はBT31くらい?に見せに行きます。

次回で卒業したかったので、次回順調だったら卒業できるか聞いてみたところ

「大丈夫ですよ~。紹介先を決めておいてください。」

とのことで特に理由を聞かれることもなく快諾。

なので、次回心拍確認できたら、KLC卒業かもしれません!

でも、それより前の来週あたりに、普通の産婦人科にしれっと心拍確認に行こうかな・・・

ここでKLCからドロンしたら、何かの形で追手がかかるのだろうか・・・

当日のお会計 ¥ 4,000

KLCにお支払累計 ¥ 780,793



そして、本日のオットのPC検索履歴をチラしたらば

「転職したくなったら」「●●大学(オットの出身大学) 就職」等々・・・

ま、まあ、働いてくれるなら、転職もいいんじゃないかな・・・


よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

BT16 職場への報告時期に悩む

BT16です。

相変わらずほとんど症状はなく、

やや寒気がしたり

口唇ヘルペスができたり(非妊娠時でももしょっちゅう)

胸の密度が高くなった気がする(体積は変わらない。残念。)

くらいです。

基礎体温は、高温期基準線の+0.4℃のあたりをウロウロしていて

基礎代謝が上がってやせるかも

とか思ったりしてます



明日はBT17の受診日

うまくいけば胎嚢確認日です。

順調に育ってると仮定して・・・

最近の懸案事項は、「職場への報告の時期」

普通は、心拍確認~12週の間?に報告なのでしょうか。

ただ、今は年度末。

私の職場は大規模な人事異動が3月末に発表され

4月からは新しいメンバーで新年度が始まります。

順調に、順調に進んだとして、産休に入るのが9月上旬。

5か月で産休に入ってしまう人間の取扱いは、どんな職場でも考えちゃうでしょう

私は普通に考えると、今年異動する年回り。

妊娠していること、産休をとる可能性があることを早く伝えて

人事を考慮してもらわなくては、新年度の所属部署に迷惑がかかる!

で、でもなぁ・・・

こんな不安定な時期に、まだ言いたくないよ~

せめて心拍確認してから言いたいよ・・・

という悩みです。



先日、残業していて、所属の同い年の女性と2人きりになり

「異動はどうなるか?どういう役決めになるか?」という話題になり・・・

普段からいろんな話をする仲なので、実は・・・という感じで

妊娠が分かったことを伝えました。

その人に、いつ職場上司に報告するか相談したところ

「通常なら心拍確認後がベストだと思うけど、移動時期だし早めがいいと思う。

胎嚢確認後だと、最悪流産になっても、その処置などで休むことになり

結局上司に話す羽目になるので、胎嚢確認と同時に言ってもいいのでは?」

ということでした。

うーん・・・

悩ましいな~・・・

とりあえず、明日の結果が分かってから、また本格的に悩みます。



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村


BT13 オットが「仕事 辞める」とPC検索してた

BT7~以降の数字がつくタイトルの妊活ブログは

すごく好きなブロガーさんのでない限り

読んでなかった私ですが…

妊活ブログとしての需要も下がると思うのですが

心拍確認して、治療を卒業するまでは

赤ちゃん待ちカテゴリーで記録を綴らせて

いただこうと思います



意外すぎるBT7の判定日後も、

体調にはほとんどなんら変化がなく…

月のものがこないことだけが、陽性判定を

証明してくれているような感じです

2日に1回、中国製DAVIDで検査してるのですが

だんだん濃くはなっているんだけど、全体としてはまだ全然薄い・・・

妊娠超初期症状がないことも含め、順調なペースでないのかと

不安な日々です・・・・



さて、記事アップしようとして今PC触ったら

ネット検索の履歴に「仕事 辞める」がトップにきていて

目ん玉ボヨーン となりました

(うちは自宅で私とオット共用のPC1台持ちです)

検索履歴って面白いですよね?

使う人が、今何に興味を持ってて、何の情報を求めているのか

ともすると、携帯のメール以上に、心の内が分かる時もあると思います

(オットのメールは見ませんが)

うちは、検索履歴を覗くのはお互い承認の上で

以前はオットが「ボイトレ カラオケ」とか(オットは音痴です)

「ゲリラ豪雨 地球終わる」とか検索していたのを見て

ツッコむネタになっていたのですが、

今日のは・・・

というのも、最近オットが会社で上司とぶつかってばかりいて、

という話をポツポツと家でしていたから。

いよいよ辞めたくなったのかな~・・・

秋には2人目のコドモも産まれる(希望)っていうのに!あわわ

なんだか心配事が増えてしまいました。

どちらの心配事も、祈りながら、注意深く観察します・・・



よろしければポチ、お願いいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村





BT7 判定日のこと

昨日はBT7で、判定日でした。

結果からお伝えすると・・・信じられないことに陽性判定でした。

まだ信じられません。他の人の血液検査データだったんじゃないかと。

以下、詳細です。



BT2から、移植後の体調変化がまったく消え失せてしまい、

ムスメの添い寝をしつつ、ムスメが眠った後にこっそり撃沈の涙を流したBT4、

やけ食いと、次の採卵・移植のスケジュールを思案しにひとり外出したBT5・・・

今回の移植は、BT1、2に胚盤胞が着床失敗したものと完全に思って

失意→次周期の意欲 という気持ちのうつろいを経て、判定日を迎えました。



判定日は金曜日だったため、「陰性確認のためだったら仕事休みたくないもんね。

次の周期にいっぱい休まなきゃなんないだろうし。フン

という気持ちで、本当に希望は持たず、確認のために検査薬試しました。

すると・・・1時間後くらいに、超超うっすらと・・・なにか見える気がする・・・?

いや、コントロール線の残像が目に焼き付いているだけか?

何回も何回も見て、角度を変えて、寝ているオットを起こして見せてみました。

オットは、「見える気もしなくもないけど、期待するな。」とのコメント。

確かに、期待が持てるような頼りがいある線の濃さではない。

ただ、もしかしたらβHCGがゼロではないかもしれない・・・

ゼロでなくニンシンでもないのなら、体の異常のサインを早めに拾ってあげなければいけない。

そう思って、仕事は時間休をもらって、指定日に判定に行きました。



当日の流れ

1 4F受付 (16:55)

2 10F採血 (17:00)

3 5F問診 (17:45)

4 4Fお会計 (18:00)


平日の午後遅い時間からか、とっても空いていました。

5Fの待ちも、みなさん血液検査の結果待ちのような印象でした。

採血から40分ちょっとで問診室に呼ばれ、

心の準備もないままに入室

Dr.が

「妊娠反応出てますね。着床していますよ。」

と言いながら見せられた紙には

E2 180

P4 31.3

βHCG 48.4


うわ・・・βHCGがわりと出てる・・・

「ホルモン値も問題ないので、今日で薬は終わりです。」

「次回は10日後、見せに来てください。」

「今日はお会計あるので、4Fで会計してください。」

意外な検査結果に面喰ってしまい、Dr.の一言一言に

ハイ・・・アリガトウゴザイマス・・・と連呼するだけでした。

フワフワした心持ちで、4Fに降り、やっと動悸が落ち着いてきました。

どうして、こんなに自覚症状がなかったんだろう?

ホルモン剤服用していたからなのか、第1子の時より発育が遅れているせいなのか、

でも、私、また妊娠できたんだ・・・と

感謝の気持ちが、じわじわと湧いてきました・・・



でも、BT7で、βHCG 48.4。

生産率とやらは、65%くらいみたいです。

今までは、受精卵ゲット→移植し着床 までの壁があまりにも高くて

そこまでしか見えていなかったけど

その壁を登ってみたら、さらに先にハードルがいくつもあるのが

見えてしまった・・・みたいな感じです。

でも、今度こそは、たまごまごまご(略名まご)の生命力を信じてあげよう!

お腹で頑張ってくれていたのに、次の採卵・移植周期の計算していたなんて

額を土にこすりつけて謝りたい気持ちです。ごめんよまご。

ということで、意外すぎた陽性反応にひたすら感謝し、

次の診察日まで、できるだけゆっくり過ごそうと思います。

本日のお会計 ¥ 7,000

KLCにお支払累計 ¥ 776,793



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村


BT6 現れて消えたニンシン超初期症状(?)

本日BT6、明日はBT7で、判定日です。

今日まで、気分の浮き沈みが激しかったです。

きっかけは、BT1の夕方から突然きた、異常な寒気とだるさ。

第1子自然妊娠の際も、生理予定日前から風邪とは違う寒気の経験があったため

「こ、これは・・・キタかもしれない!」と、

胸をキュンキュンさせながら寒気と向き合っていました。

しかしそれは1晩だけ・・・

次のBT2、朝は基礎体温も高く、いいぞいいぞ~!と思っていたのですが

日中から諸症状はなくなってしまいました。

それからは、カラダの中の寒気を探しては、がっかりする毎日。

基礎体温も、移植前の高温期(36.4℃くらい)に戻ったし。



一日だけ、単純に風邪をひいていただけだっのかな?

それとも、カラダの中で命が芽生えかけていてくれたのかな?

そして消失してしまったのか・・・

明日判定日だけど、多分だめだろうという気持ちです。

「卵ががんばっているかもしれない時期なのにそんなネガティブよくない!」

というご意見もあるかと思いますが、

とっても期待してしまった後の落差が激しすぎて、気持ちがすごく疲れてしまっていて・・・

どうぞご容赦ください・・・



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村


KLCに子供を連れいくことについての一考察

BT1です。移植してから丸1日はまだたっていないためか

心躍るような症状は何もありません。

ただ、基礎体温は変化しました。

36.42℃以上から高温だよとルナルナ殿は言っている今周期

移植日までは36.4℃付近をウロウロしていたのですが

本日BT1 36.86℃でした。

これはきっと、デュファストンパワーですね・・・すごいなー



さて、タイトルの内容を書かせていただきます。

「不妊治療クリニックに子供を連れてくることについて」は

いろんな方のブログでもよく目にするテーマだと思います。

私は、2人目不妊治療中で、子供がすでに1人いるので

KLCでお子さん連れの方がいらしても、今までは

ああ、そうだよね~連れてくるしかない時もあるよね~

と思っていました。実際、第1子を連れて行こうかと考えた時もあります。

(実際に連れて行ったことはまだありませんが)

子連れで受診することの可否について、自分なりの答えは見つけられていませんでした。



昨日、移植までの待ち時間、9Fのキッズコーナーにいる方の声が聞こえてきました。

どうやら2組の子連れがいたらしく、お話をされていました。

その方たち中の1人のお母さんの声が高くて、待合スペースにも丸聞こえで・・・

抜粋すると

「この子歩き出すのが早くて~、はいはいなんて●●で~、健診でも●●で~」

と、発育自慢を延々と語り、

「も~、○○ちゃん、もうすぐお姉ちゃんになるかもしれないんだからね~」

などと、お子さんより大きい声であやし・・・

声をひそめる訳でもなく、周りへの配慮も感じられない話し方でした。

それはちょっとないんじゃないのか?!と、私は思ってしまいました。

その方の話から聞き取れるのは、

すでにお子さんをもうけていること、

その子が健やかな成長をみせていること、

そして、現在不妊治療が順調に進んでいること。

全てにおいて、不妊治療クリニックで人に聞こえる状況で話すことではないんじゃないのかと。

不妊治療に来ている方の心中は、みなさん様々です。

治療の成果についての気持ちの浮き沈みや、先の見えない不安や、いろいろ。

なのに、あんなでっかい声で、あんな内容を延々と・・・

ああいう目的のために集った、同じ空間を共有する人たちに、十分な配慮をしているとは

とても思えない行動だったと思います。

なので、私なりの、子連れで不妊治療に行くことへの考え方が固まりました。

子連れで受診自体は不可としない、でも行動が、周りに配慮がないのは絶対NG!



よろしければポチ、おねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村












凍結胚盤胞移植完了☆

一日がかりの凍結胚盤胞移植を終えて、ただいま帰宅しました。

長かった~ けれど充実した一日でした

本日の流れ

1 4F受付 (8:40)←8:30指定でした。遅刻

2 10F採血 (8:50)

3 5F問診 (10:00)

   ↓自由時間

4 9F受付 (12:00)

5 9Fで培養士さんとの話 (12:50)

6 8Fに移動指示 (13:45くらい)

7 8Fで移植 (14:30くらい)

8 4Fお会計 (15:10)




採血の結果は

E2 67
 
P4 16.8


P4が8以下で移植中止になったという方のブログを拝見していたので

採血のときは「ででこい!オレの友達、P4!」と念じながら・・・

Dr.から「ホルモン問題ないから移植できます。」と言われて嬉しかった~

それから12時の再集合まで、2時間自由時間になりました。

まずは、まだ一度も行ったことのなかった、KLC近くの鬼子母神様に

お参りに行きました。

私、つい、鬼子母神様に手をパンパンして拝んでしまったのですが

あそこはお寺の敷地内だから、手をパンパンしてはいけなかったのかな!?

もしパンパンしてはいけなかったんだったら、ごめんなさい鬼子母神様!

許してください!

その後は、書店に行って本を買って

(今周期3回目のKLCなので、待合の本読み飽きた

牛タンととろろランチを食べて戻りました。

昼食は軽めだったら食べてもいいって指示だったのですが、ガッツリ

だって、あんなランチ天国な場所で、混雑してない時間からランチができるんだったら

ちゃんと食べなきゃつまらないじゃん、なんか・・・

そしてKLCに戻り、培養士さんとの話。

移植する胚盤胞の形態を教えてもらいました。



・胚盤胞になった時間 115H 

 (100~129Hは5日目胚盤胞、130~149Hは6日目胚盤胞、150H以上は7日目胚盤胞)

・凍結できた時間 122H

・孵化補助の有無 0 (0はなし、1はあり、2は自然孵化)

・凍結時の胚盤胞の大きさ 18×10μm

・形態的評価 3 (1はとても良い、2は良い、3は普通)

・総合評価 B (年齢、発育速度、形態的評価の総合評価。)


胚盤胞になった時間と日数の決め方が独特ですね・・・



そして、2回目になる移植。

今日の移植Dr.は・・・・

すごいおじいちゃん!でした。

そして研修医っぽい男性がおり、見学されました・・・

消毒は痛いし、老師が研修医っぽい人に

「ここが。。。だから、ほーら。。。になるから。。。」

とか実況してて、神聖な移植の瞬間に、集中できなかったのが悔やまれます・・・

その後は、胚盤胞の写真と、移植時の子宮エコーの写真をもらって退室。

着替えてお会計となりました。



本日のお会計 ¥ 99,048

KLCにお支払累計 ¥ 769,793



判定日は7日後。すごく期待してしまっています

結果が全然分からないうちから、ネガティブな想像するのはやめます!



よろしければポチ、お願いします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村





プロフィール

❄Licca❄

Author:❄Licca❄

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。